水道事業の広域化について

田川広域水道企業団がみなさまに水道水をお届けします

広域化についてのあゆみ

2008年7月 田川地域水道改革推進会議を設置
~水道事業の広域化の検討を開始~
2011年1月 田川地域水道事業の統合化基本構想」策定
~4首長間で水道事業の統合を目指すことが確認~
2011年4月 統一地方選挙による首長の交代~検討の中断
2015年7月 統一地方選挙による首長の交代~検討の再開
~再度、4首長間で水道事業の統合を目指すことが確認~
2016年4月 統合準備室を設置
2016年5月 統合準備会発足
~委員は、水道担当部課長(関係4団体)と企業団事務局長~
2018年3月 田川地域水道事業の統合に関する覚書」締結
2018年4月 統合推進室を設置
田川地域水道事業統合推進協議会発足
~委員は、水道担当部課長(関係4団体)と企業団事務局長~
2018年10月 田川地域水道事業の統合に関する協定書」締結
協定書について
締結式の様子
2019年4月 田川広域水道企業団に名称変更
~4団体の水道事業を統合し「経営の一体化」を行い、水道事業の経営を開始~

広域化Q&A

Q.なぜ広域化が必要なの?

  • 人口減少や少子高齢化に伴う料金収入の減少
  • 施設の老朽化
  • 災害時の対応強化
  • 技術力の低下

これらの水道事業を取り巻く課題を克服するためです。

Q.メリットは?

  • 施設の統廃合を行い、質の良い投資が行える
  • 業務の共同化で効率的な運営ができる
  • 広域化に対する国からの補助制度の活用

などが挙げられます。

Q.企業団とは?

市役所や町役場と同じ、地方公共団体です。

Q.いつから?

1市3町の水道事業を田川広域水道企業団として経営を行うのは平成31年4月1日からです。

Q.水道水はどうなるの?

ご家庭に届く水道水は、今までと変わりません。

Q.水道料金は変わるの?

水道料金は今までと変わりません。
平成35年4月より、新水道料金として統一を図りますが、新水道料金が従前の料金を超える場合は、経過措置として5年間は従前の水道料金を適用いたします。

Q.水道料金は変わるの?

今までと変わりません。

Q.水道加入金はどうなるの?

今までと変わりません。

Q.お問い合わせ先や窓口はどうなるの?

今までと変わりません。各水道事業のお問い合わせは1市3町の役所内に水道事務所を設置しています。お問い合わせ先は以下の通りです。

広域化のチラシ

お問い合わせ先

田川市にお住まいの方田川市水道事務所(田川市役所 別館2階)

〒825-8501 田川市中央町1番1号
Tel:0947-85-7162 Fax:
受付時間 8時~17時00分(平日のみ)

川崎町にお住まいの方川崎町水道事務所(川崎町役場1階)

〒827-8501 田川郡川崎町田原789番地2
Tel:0947-72-7641 Fax:
受付時間 8時~17時00分(平日のみ)

糸田町にお住まいの方糸田町水道事務所(糸田町役場1階)

〒825-8501 糸田町1975番地1
Tel:0947-26-1755 Fax:
受付時間 8時~17時15分(平日のみ)

福智町にお住まいの方福智町水道事務所(福智町役場2階)

〒822-1292 福岡県田川郡福智町金田937番地2
Tel:0947-22-7769 Fax:0947-22-9091
受付時間 8時~17時15分(平日のみ)