受水槽を設置している皆さんへ

水道水を受水槽、高架水槽を通じて給水している施設等では、管理が不十分であると水道水が汚れることがあります。
このため受水槽を設置している方は、水道法、県の飲用井戸等衛生対策要領(または条例、要綱等)により受水槽の適正な管理をお願いします。
受水槽に入るまでの水道は水道事業者(田川広域水道企業団)が管理していますが、受水槽以降はその設置者(その建物の所有者)が責任をもって管理することになっています。

水道事業者(田川広域水道企業団)から供給される水のみを水源とし、その水をいったん受水槽に受けた後、建物の利用者に飲み水として供給される施設の総称を貯水槽水道といい、そのうち受水槽の容量が10m3を超える水道施設を簡易専用水道として、水道法で管理の基準が定められており、受水槽の容量が10m3以下の水道施設を小規模貯水槽水道として糸田町給水条例で管理の基準が規定されています。
小規模貯水槽水道の設置者においては、水槽の定期的(年1回)な清掃、施設の点検と改善等、また、給水栓における水の色、濁り、味及び残留塩素の有無について異常がないかどうか水質の点検に努めるようお願いいたします。

お問い合わせ
糸田町水道事務所(糸田町役場1階)
〒822-1392 糸田町1975番地1
Tel:0947-26-1755