水道管に凍結防止の冬支度を!

寒さは水道管の大敵です。

気温が氷点下になると、水道管やメーターが凍って水が出なくなったり、破裂したりすることがあります。

特に露出部分は防寒が必要です。

気象情報に注意し、必要な対策を行ってください。

家を長期間留守にする場合や、使用していない家屋(空家)にも対策を行ってください。

※水道料金は使っていなくても基本料金がかかりますので、長期間使用されないときは中止の手続きをお願いします。ご連絡ください。

 

○水道管の凍結を予防するには

1 水道メーターの防寒

新聞紙や布などをビニール袋に入れ、メーターボックスの中に詰めます。

(新聞紙や布などをそのまま入れると、水道管と一緒に凍る恐れがあります。必ずビニール袋に入れて濡れないようにしてください。)

※このとき、メーターが見えるようにしてください。また、凍結の恐れがなくなったら取り除いてください。

2 水道管の防寒

露出した水道管に、市販の保温チューブや布などを巻いて、上からビニールテープを隙間なく巻きます。

 

 

3 凍結しそうなときには

凍結の恐れがある場合には、蛇口1か所から少量の水を流しておくと、水道管の中の水が動くため凍結しにくくなります。

※長時間出しっ放しにしておくと料金が高くなることがありますので、ご注意ください。

 

○水道管が凍結したら

水道管が凍結した場合は、蛇口を開け凍った部分に布などをかぶせて、「ぬるま湯」をゆっくりとかけます。

※熱湯を使用すると水道管が破裂する恐れがありますので、使用しないでください。

 

○破裂・ひび割れが発生したら

水道管が破裂・ひび割れすると、漏水の原因となります。

漏水すると料金が高くなるほか、水不足になる恐れがありますので、早急に修繕する必要があります。

①メーターボックス内の止水栓を閉めて水を止め、破裂した部分に布やテープをしっかりと巻き、応急処置をしてください。

②田川市水道修繕センター(45-6429)または最寄りの水道工事指定店に修繕を依頼してください。

※修繕の費用は所有者の負担となります。

指定給水装置工事事業者一覧

 

○漏水の確認方法

家の中の蛇口を全部閉めても、メーターのコマ(パイロット)が回っていれば漏水の可能性があります。

漏水しているときは、メーターの横の止水栓を閉めて、田川市水道修繕センター(45-6429)または最寄りの水道工事指定店に修繕を依頼してください。

 

※漏水により料金が上がった場合、漏水の修繕をすることで料金の減額申請ができる制度があります。

(漏水の内容によっては減額できない場合があります。)

詳しくは、田川市水道事務所までお問い合わせください。

水漏れの見つけ方と減額制度

 

 

近所で水道管の破裂や漏水しているのを見かけたときは、田川市水道事務所までご連絡ください!

 

参考(福岡県HP)

 

このページに関するお問合せ

田川市水道事務所(田川市役所別館2階)
〒825-8501 田川市中央町1番1号
Tel:0947-85-7162(業務係)
   0947-85-7163(工務係)